中古ダンプの買取とは|中古ダンプや重機の買取金額を上げるためには勉強すること

中古ダンプの買取とは

女性

そもそもダンプカーとは何か

ダンプカーとは、トラックに含まれている車両の一種です。荷台を傾けることで、一気に荷物を降ろすことが可能であること、積載量大きいことが主な特徴です。それらの特徴から、土砂や産業廃棄物などの大量の荷物を運搬することに適しており、様々な作業現場で活躍する人気の車両です。

人気のダンプカーとは

ダンプカーの中でも、特に人気が高い車種はリヤダンプです。ダンプカーは積載量が高く、荷物の運搬に適した車種ですが、特にリヤダンプはその普及率の高さや運搬がしやすく便利なこともあり、人気の車種です。そのため、中古ダンプ買取市場でも特に人気が高く、需要が大きいダンプカーです。

中古ダンプを高く買取ってもらうには

中古ダンプを高く買取ってもらうコツは、専門の買取業者に見積もりを依頼することです。下取りに出した場合は、相場よりもかなり安い買取になってしまうでしょう。また、一見買い手がつかないような中古ダンプであっても、思わぬ高値が付くこともあります。まずは無料の見積もりを試してみてはいかがでしょうか。

ダンプカーにはどのような種類があるか

リヤダンプ

リヤダンプは、日本で一番普及しているダンプカーです。その分需要も高く、人気のダンプカーです。リヤ(後部)のゲートが開き、荷物を一度に降ろせることが特徴です。主な用途としては、砂利や石の運搬など、採石業の現場で活躍しています。

サイドダンプ

サイドダンプは、車体の性能的にはリヤダンプとほぼ同じものです。しかしながら、後ろではなくサイド(横)に開くことが特徴です。そのため幅が制限されている場所でも使いやすく、道路工事や建設現場などでの作業に適したダンプカーです。

三段ダンプ

三段ダンプは、リヤダンプとサイドダンプの両方の特徴を備えたダンプカーです。三方向に荷物を下ろすことが可能となっているため、様々な作業に対応することができる高機能なダンプカーです。

パレットダンプ

パレットダンプは、重ダンプと呼ばれるダンプカーの一種です。パレットの上に荷物を載せることが特徴であり、パレットが分離する車両と、しない車両があります。主に鋼鉄製品などの重量品を運んでいます。

広告募集中